スポンサードリンク

Top >  ホワイトニング歯磨き教室 >  ホワイトニングの歯磨き

ホワイトニングの歯磨き

歯のホワイトニングを考えて(望んで)、また、歯のためによい歯の磨き方を歯磨き教室みたいに少し考えてみましょう。

自分の歯を磨くときにはきれいに磨けているとおもっていても、必ずしもそうではありません。あなたのパートナーや子供の歯を磨いてあげていると想像してみてください。自分の目で実際に歯の生え方や形が見えていたとしても、歯はとても磨きにくいものです。特に歯の裏側や奥側になると、とても磨きにくくなってしまいます。

car048-s.jpg

歯を磨く時間はなるべく長い時間を使って行った方がよいのはいうまでもありませんが、いくら長い時間磨いたとしても正しい方法で磨かなければ、時間の浪費ということになってしまいます。間違ったやり方で磨いていれば歯や歯茎を傷つけてしまいます。

歯のホワイトニング教室などで教えてくれる歯の磨き方は、まず、歯ブラシを横方向に持ち歯と歯茎の間に45度の角度で植毛部分を集中するようにあてて、歯周ポケットの中の汚れをかき出します。ブラッシングは圧力をかけず小さく横方向へ動かします。

次に歯の全体を同じ要領で磨きます。こちらも軽いタッチで動きも毛先がほとんど揺れていない位の振動を与えると想像しながら磨いてください。もちろん歯のホワイトニングとはいっても、裏側を忘れてはいけません。

横方向のブラッシングが終わったら、今度は歯ブラシを縦方向へ持ち変えて、軽いタッチは忘れずに縦方向へブラッシングを行います。

ここでほとんどの方が歯磨きを終わらせてしまうのではないかとおもいますが、歯のホワイトニングや歯の健康を考えると、まだ最後の仕上げが残っています。これまで行ってきたブラッシングでは歯の間の汚れは、ほとんどといってよいほど取れていないと考えるべきです。歯の間はデンタルフロス(初心者の方はホルダーが付いているタイプが使いやすい)や歯間ブラシを使用します。

医薬品を開発しているリジェンティスの歯磨き粉には「ホワイトニング用分割ポリリン酸」という特許成分が配合されています。よくあるホワイトニング用歯磨き粉のように清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等は配合されていませんので、歯を傷つけることなくホワイトングが可能です。⇒⇒⇒ 薬用ポリラーゲン・クリーンの詳細はコチラ!


スポンサードリンク

関連エントリー

ホワイトニングの歯磨き ホワイトニングの敵とは ホワイトニングによい食物 ホワイトニングに必要な時間 歯磨き粉とホワイトニング 歯ブラシの持ち方 ホワイトニングのブラシ選び ホワイトニングブラシ交換 審美歯科(しんびしか) ホームホワイトニング