スポンサードリンク

Top >  ホワイトニング歯磨き教室 >  ホワイトニングの敵とは

ホワイトニングの敵とは

ほとんどの歯のホワイトニングのための歯磨き教室で教えてくれることとおもいますが、歯の白さをたもつためには、タバコは厳禁、そのほか体によいとされているお茶、嗜好品であるコーヒー、大好きな人は大好きなワインなども、ホワイトニングにとっては大敵になります。

タバコは「百害あって一利なし」とよくいいますが、歯のホワイトニングで考えても、全くそのとおりのことなのです。

mil02035-s.jpg

タバコには、約200種類もの人体にとっての有害物質が含まれています。その有害物質のなかでも歯のホワイトニングに大敵なのは、タバコのやにです。特に歯にできてしまった小さい傷にタバコのやにが付いてしまうと、簡単に取れなくなってしまいます。そう、あの黄ばみやくすみの原因ですね。そうなってしまうと、審美歯科(しんびしか)で、エアフローやレーザーホワイトニングをお願いするしかありません。

そういった理由で、タバコは歯のホワイトニングを考えると絶対に吸わないのが正解です。

ではなぜ体によいとされる、お茶(緑茶やウーロン茶、紅茶など)が、歯のホワイトニングにとってよくないのか?急須や湯呑みに付いて取れない色、茶渋を想像してもらうと分かるとおもいます。茶渋は歯にとっても同じことで、いちどしつこく色が付いてしまうと簡単には取れなくなってしまいます。

でも、せっかく体によいお茶なのですから、我慢してしまう必要はありません。そのような飲み物をいただいたときには、なるべく早く歯磨きをするのが理想です。ただ、いつでも1日何度でも歯磨きをすることはできませんから、そのときにはなるべく早く水で口内をゆすぐようにします。そうすることで大部分防げるようになります。

お茶を飲むタイミングなどに気をつかうことになりますが、歯のホワイトニングのためにがんばりましょう。それから、歯を汚してしまう食べ物には、チョコレートやカレーなどがあります。こちらも食べたらなるべく早く歯を磨くようにしましょう!

医薬品を開発しているリジェンティスの歯磨き粉には「ホワイトニング用分割ポリリン酸」という特許成分が配合されています。よくあるホワイトニング用歯磨き粉のように清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等は配合されていませんので、歯を傷つけることなくホワイトングが可能です。⇒⇒⇒ 薬用ポリラーゲン・クリーンの詳細はコチラ!


スポンサードリンク

関連エントリー

ホワイトニングの歯磨き ホワイトニングの敵とは ホワイトニングによい食物 ホワイトニングに必要な時間 歯磨き粉とホワイトニング 歯ブラシの持ち方 ホワイトニングのブラシ選び ホワイトニングブラシ交換 審美歯科(しんびしか) ホームホワイトニング