スポンサードリンク

Top >  ホワイトニング歯磨き教室 >  ホワイトニングに必要な時間

ホワイトニングに必要な時間

歯のホワイトニングや歯のためによい歯磨きをする時間というのは、どれくらいが必要なのでしょうか?長くやった方がよいのは素直に理解できますが、最低でもこれくらいやりましょうという時間には、歯磨き教室によって若干の違いがあるようです。

ilm16_cd05002-s.gif

みなさん歯を磨く時間をどれくらいとっていらっしゃるのでしょう?自分と比べて他の方は長いのか短いのか、どれくらいなのか想像してみてください。

せっかちな日本人の歯磨き時間の平均は、なんと1分に満たない時間なのだそうです。たとえ30分や1時間という時間を費やして歯を磨いても、100%歯の汚れを取りきってしまうのは不可能です。それなのに、1分未満というのはあまりにも短すぎますね。歯のホワイトニングどころか歯の隙間や死角になっている部分は、ほとんど汚れが取れていないといっていいとおもいます。

歯磨き教室では、少なくとも3分以上、あるいは5分以上は歯磨きを行うことといわれています。しかし、ホワイトニングを考えて歯を磨くのならば、最低でも10分間、できれば20分や30分という時間を使うほうがよいです。自分の口の中を想像してみると分かるとおもいますが、歯の生え方は非常に複雑です。奥歯になればとても歯磨きがやりにくいというのも、簡単に想像がつきます。そんな複雑な形状をしている歯を短い時間では、とてもきれいにはできませんよね。

しかし、とても朝や昼にはそんな時間はとれないよとおっしゃる方が大半だとおもいます。でも、朝・昼・夜で歯磨き時間を一番長くとる必要があるのは、都合がよいことに夜なんです。人間が起きている間は、歯が唾液にひたされているので、菌の繁殖や汚れもつきにくくなります。一方、寝ている間というのは、口の中に唾液が少なくなってしまいます。ですから、夜寝る前には朝や昼よりも長い時間をかけて歯を磨く必要があります。

歯磨き教室で3分以上歯を磨きましょうと教えられても、朝昼に5分以上、夜には10分以上、歯のホワイトニングのために頑張って磨きましょう。

最初は5分磨くのも苦痛に感じるかもしれませんが、人間なれてしまえばどうってことない時間です。また、なるべく長い時間磨くためには、テレビの30分番組を見ながら磨いたりするという工夫をすると、割と身に付きやすい習慣になるとおもいます。

医薬品を開発しているリジェンティスの歯磨き粉には「ホワイトニング用分割ポリリン酸」という特許成分が配合されています。よくあるホワイトニング用歯磨き粉のように清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等は配合されていませんので、歯を傷つけることなくホワイトングが可能です。⇒⇒⇒ 薬用ポリラーゲン・クリーンの詳細はコチラ!


スポンサードリンク

関連エントリー

ホワイトニングの歯磨き ホワイトニングの敵とは ホワイトニングによい食物 ホワイトニングに必要な時間 歯磨き粉とホワイトニング 歯ブラシの持ち方 ホワイトニングのブラシ選び ホワイトニングブラシ交換 審美歯科(しんびしか) ホームホワイトニング