スポンサードリンク

Top >  ホワイトニング歯磨き教室 >  歯ブラシの持ち方

歯ブラシの持ち方

歯のためによい歯ブラシの持ち方は、歯のホワイトニングを考えても歯の健康を考えても、とても大切なことです。歯磨き教室で持ち方はどう習うのか少し考えてみましょう。

car043-s.jpg

まず、歯は硬いというイメージを誰もが持っているとおもいますが、実際にはそこまで硬いものではありません。転んで前歯がかけてしまった、ボールが歯に当たって歯がかけたという話は、珍しい話というわけでもありません。このことからも分かるように、歯は石や鉄のように硬いものではありません。

歯をきれいにホワイトニングしたいと思えば、無意識に歯を磨く手に力が入ってしまいます。しかし、あまり力を入れて歯を磨いてしまうと、力を入れれば入れるほどに逆効果になってしまいます。

力を入れすぎると歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまうばかりか、今度はその傷に汚れが付着して、歯の黄ばみの原因になってしまいます。歯にくすみができるように、わざわざ歯を加工しているようなものです。そうならないためには、歯ブラシの持ち方にもひと工夫する必要があります。

大多数の人が、歯ブラシを持つのに手のひらに抱え込むようにして持つとおもいます。でも、これだとどうしても力が入ってしまって、歯や歯茎に負担がかかってしまいます。歯磨き教室で教えてくれる歯ブラシの正しい持ち方は、鉛筆や筆を持つような形です。

歯の裏側や奥の方を磨く時はその持ち方では慣れるまで違和感があるとおもいます。でも、歯ブラシを鉛筆のように持つ事により、余計な力が入らずに歯や歯茎を傷めにくくなります。

医薬品を開発しているリジェンティスの歯磨き粉には「ホワイトニング用分割ポリリン酸」という特許成分が配合されています。よくあるホワイトニング用歯磨き粉のように清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等は配合されていませんので、歯を傷つけることなくホワイトングが可能です。⇒⇒⇒ 薬用ポリラーゲン・クリーンの詳細はコチラ!


スポンサードリンク

関連エントリー

ホワイトニングの歯磨き ホワイトニングの敵とは ホワイトニングによい食物 ホワイトニングに必要な時間 歯磨き粉とホワイトニング 歯ブラシの持ち方 ホワイトニングのブラシ選び ホワイトニングブラシ交換 審美歯科(しんびしか) ホームホワイトニング