スポンサードリンク

Top >  ホワイトニング歯磨き教室 >  ホワイトニングのブラシ選び

ホワイトニングのブラシ選び

歯ブラシを選ぶ基準ってほとんどの方がおろそかにしている部分なのではないでしょうか?歯のホワイトニングを考えて、また、歯のためによい歯ブラシの選び方を歯磨き教室みたいに少し考えてみましょう。

mil02034-s.jpg

まず、歯ブラシの硬さは、どの硬さを選んだ方が理想的なのでしょう?たとえば、硬い・ふつう・やわらかいと3種類の選択肢があったとしたら、ふつうの硬さが適切だとされています。硬いものですと、無意識のうちにでも歯茎や歯自体を傷つけやすくなります。また、やわらかすぎたら、今度はどうしても力を入れすぎて磨いてしまうことになってしまいます。適切な力(あくまでもソフトタッチ)で磨くためには、やはり、やわらかすぎず硬すぎずの中間であるふつうの硬さの歯ブラシを選択しましょう。

次に、歯ブラシの頭の大きさなのですが、子供の場合や成人の場合などで、それぞれ適した大きさが変わってきます。歯磨き教室などでは、適した歯ブラシの大きさというのは、植毛された部分の長さで、自分の人差し指の第一関節までの長さといわれています。これを基準として考えてみるとよいでしょう。

歯のホワイトニングや歯の健康を考えてのブラッシングでは、小刻みにブラッシングを行う必要があります。ですから、動かしやすいように少し小ぶりの歯ブラシがよいとされています。

小さめとはいってもどれくらいの大きさが自分に合っているのかは、実際に使ってみないとなかなか分からないとおもいます。いつも使っている大きさよりひとつ小ぶりの大きさのものを使用してみるとよいでしょう。それにより、どれくらいの大きさが一番ベストなのか判断できるはずです。

医薬品を開発しているリジェンティスの歯磨き粉には「ホワイトニング用分割ポリリン酸」という特許成分が配合されています。よくあるホワイトニング用歯磨き粉のように清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等は配合されていませんので、歯を傷つけることなくホワイトングが可能です。⇒⇒⇒ 薬用ポリラーゲン・クリーンの詳細はコチラ!


スポンサードリンク

関連エントリー

ホワイトニングの歯磨き ホワイトニングの敵とは ホワイトニングによい食物 ホワイトニングに必要な時間 歯磨き粉とホワイトニング 歯ブラシの持ち方 ホワイトニングのブラシ選び ホワイトニングブラシ交換 審美歯科(しんびしか) ホームホワイトニング