スポンサードリンク

Top >  サプリメント〔ら~わ〕 >  レチノイン酸

レチノイン酸

レチノイン酸は、ビタミンAの誘導体として作用する成分です。ビタミンAが体内に取り込まれると、レチノイン酸へと変化します。

レチノイン酸を皮膚へ使用すると、新陳代謝が高まる作用があるため、アメリカではシミやしわ用の治療薬として使用されまが、日本では化粧品にも配合することは認められていません。

スポンサードリンク

サプリメント〔ら~わ〕

サプリメントで健康になろうでは、たくさんのサプリメントをご紹介しています。サプリメントの他にも、トクホとよばれる特定保健用食品や健康に関する言葉も紹介していますので、健康維持のために当サイトをぜひご活用ください。
〔ら~わ〕ではじまる言葉のカテゴリーです。

関連エントリー

ラーマ プロ・アクティブ ラクトクロース ラピスサポートα リンデン ルイボス ルシノール ルチン ルテイン ルテオリン ルンブルキナーゼ 霊芝(れいし) レジスタントスターチ レシチン レチノイン酸 レチノール レッドクローバー レディースマントル レモングラス レモンバーベナ レモンバーム ロイシン ローヤルゼリー(ロイヤルゼリー) ローヤルゼリー食品 ローズ ローズマリー ロスマリン酸(ロズマリン酸) ワイルドヤム わさび わさびスルフィニル ワナナイト