手話技能検定

010104woman02wb.gif

手話は聴覚障害の方とコミュニケーションをとるための、社会的にもニーズが高い技能です。

gum13_ph06069.jpg

手話技能検定は、手話技能検定協会が主催している技能検定で、ボランティア活動や仕事でも活用出来る有意義な資格です。

手話技能検定は、1級から7級までにレベル分けされており、手話レベルが一定のレベルにあると判断し、さらなるステップアップを目的としています。

1級:聴覚障害者と同等の技能で、手話インストラクターや通訳としても活用が可能な技能レベル
2級:地域で日常会話の通訳が可能な技能レベル
3・4級:手話の理解が深まり中級として実用可能な技能レベル
5・6・7級:初級のステップアップレベル

1〜6級までは試験会場で資格取得試験が行われますが、7級のみは自宅で受験が可能です。各級とも筆記試験が行われます。1・2級では、手話を使った実技も行われます。


■申込・問い合わせ:NPO手話技能検定協会
■住所:東京都中央区日本橋小舟町6-13 日本橋小舟町ビル5F
■電話番号:03-5642-3353

スポンサードリンク