ファイナンシャル・プランナー(AFP)

010104woman02wb.gif

ファイナンシャル・プランナーは、顧客の相談に応じ資産設計上、例えば、保険対策、投資対策、貯蓄の計画などのライフプランをプランニングし、提案やアドバイスを行う仕事です。

clhe047.jpg

民間資格のファイナンシャル・プランナー(AFP)は、ファイナンシャル・プランナーになるための初歩的な資格という位置付けです。

ファイナンシャル・プランナー(AFP)の受験資格は、金融渉外技能審査3級を含む、3級ファイナンシャル・プランニング技能検定の合格者か、ファイナンシャル・プランニングの実務経験が3年以上もしくは、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定した、AFP認定研修を修了した者です。

ファイナンシャル・プランナー(AFP)の試験は、学科試験(マークシート方式で60問)と実技試験(記述式で40問)が行われます。

試験は全国47の都道府県で1月、5月、9月の年間3回実施されます。


■申込・問い合わせ:NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
■住所:東京都港区虎ノ門1-1-20 虎ノ門実業会館6F
■電話番号:03-3500-5533

スポンサードリンク