ミツバチの8の字ダンス

スポンサードリンク

ミツバチの8の字ダンス、どこかで聞いたことがあるような気がしませんか?知っているという方も8の字ダンスが一体どのようなものなのか、はっきりとは知らないのではありませんか?

8の字ダンスとは、100mよりも離れたところに餌場があるときに、それを仲間に知らせるためのダンスです。距離が長くなると、驚くべき方法で、方角までも知らせるようになります。しかも、その距離もダンスをする回数により、どのくらい離れているかを知らせることができます。

100m以上は8の字ダンスですが、100mよりも近いときは円形ダンスをします。円形ダンスとはその名の通り、円を描いて回るだけのダンスです。ぐるぐる回って、近くに餌場があることを知らせます。

また不思議なことに、人間の習慣が違うのと同様でミツバチにも、地域によって違いが見られるようです。この8の字ダンスは、地域によってミツバチは、異なった踊り方をするようです。

このようなミツバチのダンスについて研究し、ドイツのカール・フォン・フリッシュ博士はノーベル賞を受賞しました。

こうしたことでミツバチたちは、仲間とのコミュニケーションと、正確な情報によって蜜を集めることができるのです。

山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、「健康維持に役立った」「肌の調子が良くなった」など、口コミでも大変人気のある健康食品です。⇒⇒⇒ご購入はコチラ!


スポンサードリンク