アピセラピーとは

スポンサードリンク

アピセラピーという言葉を聞いたことはありますか?アピセラピーとは、ミツバチの作ったものを使った療法という意味です。では、どのようにしてはちみつを使った療法を行うのでしょう?

アピセラピーは歴史的な治療法です。昔から人間は、ミツバチの作るものを薬として使用し、治療に役立ててきたのです。今でもその効果を医療に使っています。それがアピセラピーなのです。色んな国でアピセラピーの効果が研究、発表されてきています。ミツバチの作るものに世界が関心を持ちはじめているのです。

アピセラピーの代表的なものは、蜂の針を使った治療です。蜂の針の毒は、神経痛や肩こりなどにいいそうです。また、プロポリスは抗菌力が高く、ローヤルゼリーとともに病気の予防にいいようです。

日本では、はちみつ、ローヤルゼリー、プロポリスが知られています。ローヤルゼリーやプロポリスはサプリメントとして出回っています。ヨーロッパなどでは、傷の手当にはちみつを使ったりするところもあります。

ミツバチの作るものには常識をくつがえすほどの力があります。消化によく、あまりカロリーが高くない、健康にも医療にも役に立つものを作るミツバチは、自然界の医者といえるでしょう。

山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、「健康維持に役立った」「肌の調子が良くなった」など、口コミでも大変人気のある健康食品です。⇒⇒⇒ご購入はコチラ!


スポンサードリンク