本物のはちみつとは

スポンサードリンク

天然はちみつには、いろんな種類のものがあります。あっさりした味から強い味のものまで様々ですが、どれも本物のはちみつです。この天然はちみつには、白く固まる性質があります。

天然はちみつの温度が約13度以下になると、はちみつに含まれているブドウ糖などの糖類が結晶して白くなるのです。しかし、そのまま温かくしておくと元に戻ります。すぐに戻したいときは60度くらいのお湯で湯せんにかけると、時間はかかりますが重要な栄養を残したままで元に戻すことができます。また、はちみつの表面に白い層などが現れますが結晶の一部なので安心です。したがって、本物の天然はちみつは白い結晶ができて当たり前なのです。それでは加工はちみつはどうでしょうか?

加工はちみつは結晶しにくいようにするため、製造過程であることがされているのです。それは、はちみつから花粉を取り除くのです。花粉は結晶をつくるもとになります。花粉を取り除く事によって加工はちみつは結晶しにくく、現れても少ししかできないのです。

そして色にも違いがあります。加工はちみつは、高温での加工や長時間加熱したり長期間保存しているので褐変現象が起こり褐色になります。このように、加工はちみつには特徴があり天然はちみつと見分けることができます。

山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、「健康維持に役立った」「肌の調子が良くなった」など、口コミでも大変人気のある健康食品です。⇒⇒⇒ご購入はコチラ!


スポンサードリンク