世界のはちみつの種類

スポンサードリンク

世界で生産されるはちみつには、びっくりするほど多くの種類があります。その種類にはクリ、クローバー、コーヒー、そば、タイム、マヌカ、ラベンダー、ローズマリーなどと本当に様々です。

○クリ
日本はあまり食べないタイプの蜂蜜です。苦味と臭いが強く、好き嫌いが多くあります。茶色のはちみつで、咳止めにいいそうです。また、ミネラルが多く含まれています。

○クローバー
ヨーロッパなどで親しまれているはちみつです。味はクセがなく、上品な香りがします。寒い所で多く作られます。カナダなどでは最高級のはちみつです。

○コーヒー
コーヒーの花から作られるはちみつです。黒色で香りもよく、コーヒーの味がします。ベトナム原産です。

○そば
黒色で、そばの花から作るはちみつです。クリと同じで、日本ではあまり出回っておらずクセのある味です。ミネラルが多く含まれており、特に鉄分が多く含まれているはちみつです。ルチンという物質も含まれていて、抗酸化作用があります。

○タイム
ハーブ、薬用植物として知られている代表的なものです。茶色でハーブの香りがします。ギリシャなどが産地として有名です。

○マヌカ
ニュージーランドにしか生えないマヌカの木のはちみつです。褐色をしていてまったりとした味です。また、ピロリ菌やバクテリアを退治するとても高い抗菌力があります。

○ラベンダー
ラベンダーの花から取ることができ、ラベンダーの香りがするはちみつです。ハーブとして有名で、沈静作用があります。

○ローズマリー
豊かなハーブの香りがします。甘味もありさらっとした味がします。フランスで有名です。

山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、「健康維持に役立った」「肌の調子が良くなった」など、口コミでも大変人気のある健康食品です。⇒⇒⇒ご購入はコチラ!


スポンサードリンク