日本のはちみつの種類

スポンサードリンク

日本で作られるはちみつには様々な種類が存在します。一般的にはアカシア、シナノキ、ナタネ、トチ、百花蜜、ミカン、リンゴ、レンゲなどがあります。

○アカシア
日本では人気のあるはちみつです。果糖が多くブドウ糖が少ないため、結晶しにくいようです。薄い色で淡白な味なので、食べやすいはちみつです。

○シナノキ
菩提樹とも言われるはちみつです。日本人はあまり好まず、ヨーロッパの人々が好みます。黄色で味と香りにクセがあります。

○ナタネ
菜の花からとれるはちみつです。黄色でクセのある味です。ブドウ糖が多く含まれているため、結晶しやすいです。

○トチ
香りが強く、赤っぽい色をしています。トチの木からとれるはちみつでマロニエとも言われます。マイルドな味です。

○百花蜜
普通はちみつは1種類の花の蜜でできています。しかし百花蜜は、何種類かのはちみつで作られるはちみつです。外国でも作られます。

○ミカン
ミカンの香りがするはちみつです。甘酸っぱくてクセのない味です。ミカンの産地で多く作られ、日本国内で一番生産されているそうです。

○リンゴ
リンゴの香りのするはちみつで、青森が産地として有名です。黄色いはちみつでクセのないリンゴの味がします。

○レンゲ
日本では好まれる味のはちみつです。しかし今は作る地域が狭くなっており、生産量が少なくなっています。そのため中国産が増えています。薄い色でクセのないはちみつです。

山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、「健康維持に役立った」「肌の調子が良くなった」など、口コミでも大変人気のある健康食品です。⇒⇒⇒ご購入はコチラ!


スポンサードリンク