日本のはちみつ事情

スポンサードリンク

日本で売られているはちみつは、そのほとんどが加工されたはちみつといっても過言ではないでしょう。(もちろん全てというわけではありません)本当に天然のはちみつというのは、はちみつの専門店などでしか手に入らなくなっています。

では、なぜ天然はちみつがあまり出回っていないのでしょうか?最大の原因は現在の日本には養蜂ができる環境が少ないことです。日本は都市が大きくなり開発も進み、それと共に自然はだんだん無くなり、同時に多くの花は農薬によって汚染されてしまっています。

都市化や発展した農業などの影響により、汚染されていないはちみつを集めるためには、山間部で養蜂業を営む必要が生じてしまいます。このため、養蜂家も大きく減少の一途をたどり、後継者もほとんどいないという状況になっています。結果として、天然はちみつには高い値段が付けられてしまうことになります。

これに反して海外(特に中国)からは、はちみつが安価で輸入できます。消費者としては当然安価なはちみつを求めるようになりますから、大量に輸入されたはちみつが大々的に店頭に並べられることになります。

養蜂家の減少、安価な加工された輸入はちみつ。このような事情で日本で通常出回っているはちみつは、加工されたはちみつということになってしまっています。

山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、「健康維持に役立った」「肌の調子が良くなった」など、口コミでも大変人気のある健康食品です。⇒⇒⇒ご購入はコチラ!


スポンサードリンク