はちみつの歴史

スポンサードリンク

自然に出来たはちみつは、ミネラル・ビタミンの栄養素を多く含んでおり昔から重視されてきました。

はちみつを得る為に、世界で初めて養蜂を行ったのはエジプトです。エジプトの壁画には、養蜂をしていると思われる様子がかかれており、はちみつはとても大切にされていたことがわかります。また、たくさんの国の壁画にも、はちみつのことがかかれています。では、日本でのはちみつの歴史はどうでしょう?

日本でのはちみつの歴史は浅いもので、他の国に比べると養蜂を始めるのも遅かったようです。そのためはちみつは、高貴な人間の食べる貴重品でした。また、薬としても重宝されていました。

巣箱を使っての養蜂を始めたのは、江戸時代のころでした。しかし戦後になると、安く輸入できたので輸入に頼り、加工されたものを多く取入れるようになったのです。それでは、その養蜂にはどのようなものがあったのでしょう?

現在に見ることのできる養蜂は、近代養蜂といいます。近代養蜂とは、みつばちを飼育し、はちみつを採集する養蜂で19世紀半ばに始まりました。それ以前まで行われていた養蜂を、旧式養蜂といいます。旧式養蜂は、蜂の巣からはちみつを取りだします。なので養蜂の歴史は、旧式養蜂が大部分を占めていました。

山田養蜂場のローヤルゼリーキングは、「健康維持に役立った」「肌の調子が良くなった」など、口コミでも大変人気のある健康食品です。⇒⇒⇒ご購入はコチラ!


スポンサードリンク