わき毛の処理でワキガの臭い対策

*
原因を知る事から始めるワキガ・多汗症の対策 > わき毛の処理でワキガの臭い対策

ワキガとわき毛の関係

わき毛の量が多いことが、ワキガであることのひとつの判断方法です。あくまで目安としての判断であり、わき毛の量が多いことがそのままワキガと直結するわけではありません。

 

剃刀

 

わき毛の量とワキガの関係は、ワキガの原因であるアポクリン汗腺が脇の下に発達して分布していると、わき毛の量も多くなるという理由によります。

 

わき毛の量が多いと、ワキガの臭いの原因になる雑菌の繁殖を助長してしまいます。ですから、わき毛の処理をきちんと行うこと、わきの下を清潔に保つことでワキガの臭いを抑制してあげることができます。

 

ワキガ臭の原因であるアポクリン汗腺を取り除く手術ではなく、ワキガの臭いが軽いのであれば、わき毛のレーザー脱毛を行うのも、ワキガの臭いを抑える選択肢のひとつです。

 

わき毛は雑菌の住処になり繁殖しやすい環境を作ってしまいますから、レーザー脱毛を行うことによって脇の下が清潔に保たれ、ワキガの臭いを抑えることができます。レーザー脱毛を行わずとも、わきの下を清潔に保つというのは、ワキガの臭いを低減させるためには大切なことです。

 

ワキガの臭いを気にしなくてはならない季節は夏より冬

汗を多くかく夏はシャワーを浴びる回数も自然と多くなったりしますから、自分で特別意識していなくても脇の下は意外と清潔に保たれています。逆に冬の寒い季節の方があまり気にしなくなりますから、清潔とはいえないような状態になっている場合があります。

 

また、現代は暖房が効きすぎているという位、電車やバスに乗っても、ショッピングに行っても、会社にいても、どこに行っても暖かい環境が揃っています。

 

ワキガの臭いを特に気にしなくてはならない季節はイメージとしては夏です。でも意外に冬も汗をかくことが多いものです。冬季こそワキガの臭いに、より気をつける必要があります。

スポンサードリンク

わき毛の処理でワキガの臭い対策関連ページ

デオドラント用品でワキガの臭い対策
食生活でのワキガ対策